ミニマリストの生活

週5出張から学んだサラリーマンの荷物を最小限にするコツ

投稿日:

なぜ荷物を最小限にするの?

仕事の出張って気が重くなりませんか?

 

2、3日ぐらいの出張ならまだ楽しいかもしれませんが、週5日の出張が毎週毎週続くと大変になってきます。

 

金曜に東京に帰ってきたと思ったらまた日曜に荷物をパッキングしてと。

 

荷物のパッキングをしているとまた明日から出張かとサザエさん症候群に陥ります。

 

そんな出張続きで荷物のパッキングがめんどくさいあなたに1ヶ月出張生活を続けている僕の荷造りテクニックにを紹介します。

 

荷物を最小限にするコツ

荷物選定の基準

 

早速荷物を減らすコツを伝授していきますね。

 

まずは、荷物選定をしましょう。

 

荷物選定のコツはそれは必要なモノかどうかです。

 

もっと厳密に言うと、なくてはならないモノかどうかです。

 

それが必要かどうか迷っているモノは必要ないので置いていきましょう!

 

僕の場合、スーツというユニフォームはマストになるのでないとものすごく困ります。

 

ないとダメなモノはためらわず置いていきましょう。

 

ミニマリストの僕からしたら、なくて少し困るぐらいのモノは捨てましょっていう感じです!笑

 

夏の時期でしたらネクタイは必要ないので置いていきます。

 

もしどうしても必要になったら駅前の売店で調達すれば良いので。

 

こんな感じでズバズバと振り分けていきましょう。

 

それと言い忘れましたが、持って行く荷物は1つのリュックに収まるぐらいの量にしましょう。

両手が空くと出張をする際は長い移動も楽になりますし、気分も軽くなります。

 

荷物の重さ=気分の重さに直結すると思っています勝手に。

 

 

僕の持ち物リスト

実際に僕の持ち物リストを紹介します。

 

  1. 白のYワイシャツ×1(アメリカンドラマ「スーツ」の影響でシャツは白派なんです。笑)
  2. スーツパンツ×1(紺派です。)
  3. 靴下×2
  4. 下着×2
  5. バスパン(バスケパンツ:部屋着のため)
  6. バスティー(バスケTシャツ:部屋着のため)
  7. Yシャツの下に着るユニクロの薄手のシャツ×1
  8. ハンカチ×1
  9. 本×1(読書大好きミニマリスト)
  10. ペン×1
  11. パソコン
  12. スマホ
  13. サイフ
  14. PC充電器
  15. スマホ充電器
  16. 歯ブラシセット
  17. 耳かき(僕は大の耳かき好きなのでこれだけはマストなんです。笑)

僕はこれだけあれば十分なんです。

 

スーツだって行き帰りに着るため荷物である感覚は全くありません。

 

おサイフも電子マネーがさらに普及すれば必要ないですね。(最近買い換えたばかりですが。)

 

それと、本もスマホに変えれば持たずに済むのですがどうしても紙でしか集中できないのでアナログのままです。

 

あなたも僕の持ち物リストを参考にしてみてください。

 

荷物を減らすポイント:衣類は風呂場で手洗い!

僕の荷物リストはどうだったでしょうか?

 

Yシャツ1枚技にはびっくりしてくれましたか?笑

 

初めての出張の時は、Yシャツを2枚持って行ったのですが必要ないとわかり帰りに捨てていきました。

 

はっきり言います。

 

Yシャツは1枚で十分です。

 

なぜなら、Yシャツやその下に着る服は薄手なので手洗いしても一晩で乾くからです。

 

夏でも冬でも乾くので安心してください。

(外干しでも乾きますがこの時は浴室乾燥)

 

下着と靴下は季節や気温によって乾きにくいので2枚用意します。

 

手ぬぐい式のハンカチも一晩で乾くので問題ありません。

 

つまり、毎日手洗いするので予備の服がいらないのです。

 

手洗いのポイント!

僕は手洗いする場合通常はボディーソープを使って手洗いをします。

しかし、ほのかな匂いを付けたい場合はシャンプーやコンディショナーを全混ぜするのがポイントです。

 

それと手洗いした衣類のためにわざわざハンガーを持っていく必要はありません。

 

万が一、ホテルにもハンガーがなかった場合のために。2メートルくらいのビニールテープを持っていくことをおすすめします!

よくバックパッカーの人がやるテクニックです!

 

場所も取らないし軽いし本当に便利ですよ。

 

必要ないとわかったら捨てやすいのもありがたいですね。

 

一度試してみてください!

 

 

ハンカチは万能ツール!

サラリーマンになってからすごく思うんですが、ハンカチは日常生活においてめちゃくちゃ役に立つモノです!

 

おしゃれなハンカチを持ち歩けば清潔感があると思われるし、上品にも思われます。

 

僕の周りにはいい年こいてハンカチを持ち歩かない人がけっこういたりします。

 

そういう人を見ていると清潔感が感じられないし、

トイレで手を洗った後にさりげなくズボンで拭いたりしているのを見ると残念だなって思ったりしてしまいます。

(こう思ってるのって僕だけですかね?笑)

 

共感者がいると嬉しいけど。

 

 

まあそれはさておき、(だいぶ話がずれましたけど)

体をハンカチで洗うとものすごく気持ちいいし、大抵のホテルの場合体を洗うやつがなくて困るんですよね。

 

僕は出張先で3、4件のホテルを使いましたが、どのホテルにも体を洗うやつがなくて困りました。

 

そんな時にハンカチの出番なんですね。

 

泡付きのハンカチは肌触りが最高です。

 

それにハンカチで体を洗っている時になぜか知らないけど優越感を感じます。

 

「こんな賢い方法をやっているやつは他にいないだろう!」ってね。

ぜひ試してみてください。

 

荷物を載せて減らすポイント:現地に捨てていく。

先ほども言ったように、必要ないモノは僕は現地でYシャツを捨てましたし、古い下着も捨てていきました。

(先週は白字のカルバンクラインを捨てました。長い間ありがとう、カルバンくん!)

帰り道の荷物が軽いと気分もいっそう軽くなります。

 

ポイントは捨ててもいい、古いモノを持っていくことです。

 

 

僕以外の人がしているテクニックを集めました!

荷物を減らすポイント:モバイルバッテリーは持っていかない。

ノマド的節約術というブログを運営されているなつみとさん記事にはこのようなテクニックがありました。

 

本人も言うように、スマホやパソコンを充電できる場所って意外と多いんです。

 

新幹線の中やカフェなど。

 

僕もモバイルバッテリーは持ち歩かないです。

 

というか持っていません。

 

普通に過ごしていれば危機的な状況に追い込まれないので必要性がないと思っています。

 

参考にしてみてください。

 

荷物を減らすポイント:事前に宿泊先のアメニティーを確認しておく。

円貯Stationというブログを運営されているあきんこさんのブログにはこのような荷物を減らすコツがありました。

 

確かに僕もこれは強く同感です。

 

僕が今まで宿泊したホテルには部屋着がなかったのであらかじめバスパンやバスティーを持って行く必要がありました。

 

もし部屋着が準備されているホテルでしたら、これらも持って行く必要がないのでさらに荷物を減らすことができます。

 

 

荷物を減らすメリットとは?

荷物を減らすことでたくさんのメリットが生まれます。

 

  • 荷物が少ないので荷造りに時間がかからない!すぐ終わる!リスト化すればさらに早く終わります!
  • 荷物預けロッカーを使う可能性がなくなるのでお金を節約できる!
  • 荷物が少ないので忘れ物をしなくなる!
  • 荷造りのために無駄なエネルギーを使わずに済む!
  • 気分が軽くなる!!!僕にとってこれが一番でかいです。

 

これらメリットを把握したうえで、荷物の最小限化に挑戦してみてください!

 

 

まとめ

荷物を減らすテクニックを知ってもらえたでしょうか?

 

それと同時に荷物を減らすことのメリットや楽しさを知ってもらえたでしょうか?

 

僕はこれらテクニックを取り入れてから出張のストレスがだいぶ軽くなりました。

 

スーツケースを使っていた昔の自分がアホみたいです。

 

これからはさらなる最小限化をできるように色々と挑戦してみるつもりです。

 

それと最後に言いたいのですが、荷物が少ないこと、モノが少ないことは恥ずかしいことでもないしかっこいいことだと思っています。

 

周りの目や意見なんて気にしなくて大丈夫です。

 

むしろ、

「そんなに荷物持って疲れない?」

そう言ってあげてください。

 

そして、僕が紹介したテクニックもシェアしてあげてくださいね!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!

 

今日もお疲れ様でした!

 



-ミニマリストの生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたがホテルから受け取るサービスは何点? 考えてみよう!

あなたのホテルでの過ごし方は?   連泊する宿泊先で、あなたはお掃除サービスがあるからといって部屋を散らかしっぱなしにしたりしていませんか?   布団はぐちゃぐちゃのまま。 &nb …

ボクはミニマリストになる! ミニマリストってなに?!

ミニマリストという生き方を知ったきっかけ たまたま親から勧められたある本に大きな衝撃を受けた。 そもそも僕の親がなぜその本を知っているかは知らないが、親も僕と同じくその本から衝撃を受けたらしい。 その …