モチベーション

その目標設定で本当に続く?!続く目標設定のコツ!

投稿日:2018年8月2日 更新日:

目標を立てたが続かない人へ

 

 

 

 

「楽しく続けられる目標・計画の立て方を知りたい!!!

 

 

 

そんな人を待ってました!!

 

 

 

 

この記事は、

 

「まじで続かない!」

 

「どうしたら楽しく続けられるんだろ。」

 

「どうせ三日坊主だし新しいことに挑戦するのはやめよう。」

 

 

 

 

または、

 

 

「ムリのない目標を立てたのに。」

 

 

「数値目標も入れて、具体的にしたはずなのに。」

 

 

 

 

そんなことを思う人にぜひ読んでほしい記事を書きました。

 

 

 

 

僕も立てた目標を何度も達成できなかったことはあるし、そもそも続きませんでした。

 

 

 

  • 3ヶ月でTOEIC800点をとる
  • 週3で早朝ランニングをする
  • 2ヶ月で5キロ落とす
  • 毎月5000円節約する

 

(ちなみに目標設定を立てたりしました。)

 

 

 

 

このような目標設定をして続けられなかった人って僕以外にもたくさんいると思います。

 

 

 

 

ここで言っておきますが、ただ数値を入れるだけの目標設定では続かないんです。

 

 

 

 

よく、「目標には具体的な数値を入れましょう!」と言ってくる先生がいます。(学生時代の頃とか)

 

 

 

 

具体的かもしれませんが、それだけでは足りないんです。

 

 

 

なぜなら、目標を具体的にするだけであなたにはその目標を達成させるための責任が見えないからです。

 

 

 

これから紹介する目標設定のコツは、ただ数値を入れるだけではなくそれに➕〇〇していきます。

 

 

 

 

 

もちろん難しくありません。

 

 

 

 

紙とペン(パソコンでも構いません。)があればなおさらいいです。

(僕は紙の方が達成感が感じられる。)

 

 

僕は楽しく続けられる目標設定のコツを知ってから以前よりも目標を達成できる回数が増えたので、

あなたにもこの方法をぜひ取り入れてほしいと思います。

 

 

 

ではさっそく、三日坊主で悩んでいるあなたでも楽しく続けられる目標設定のコツをこれから紹介します。

 

 

 

 

目標達成までの道のりに節目をたくさん作る!

 

今あなたが立てている目標までの道のりにはいくつの節目がありますか?

(現在目標がない人はあなたが過去に立てた目標を思い出してみてください。)

 

 

 

目標達成までの道のりを想像してみましょう。

 

 

 

その目標達成までの道のりには一体いくつの節目がありましたか?

 

 

 

節目というのは中間目標のようなものだと思ってくれればわかりやすいと思います。

 

 

 

仮に目標達成までの道のりが3ヶ月だとしましょう。

 

 

 

あなただったらいくつぐらい節目を入れますか?

 

 

 

3〜5つぐらい?

 

 

 

 

ちなみに中間目標を入れることは必要なことなんです。

 

 

 

ただ、続かない人ってこの節目(中間目標)の数が圧倒的に足りないんです。

 

 

人が目標達成をする上で一番だいじなことってなんだと思いますか?

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

 

 

 

モチベーションです。

 

 

 

 

 

要はそのモチベーションを長く保つためにはうれしい、楽しい瞬間をたくさん作ればいいんです。

 

 

 

 

 

 

なので目標達成までの道のりに節目(中間目標)をたくさん用意しましょう。

 

 

 

 

一週間に一回ではなく、3日に一回。

 

1日に一回。

 

なんでもいいんです。

 

 

 

 

 

もし3ヶ月の目標を立てるとして、2日に一回、節目を入れるとしたら45回の節目を入れればいいだけなんです。

 

 

 

 

 

 

45回?!

 

 

 

 

 

 

多いと思えちゃいますよね。

 

 

 

 

「45個も目標を立てるのか〜。だる。」

 

 

 

 

安心してください。落ち着いてください。

 

 

 

 

ココにもコツがあるんです。

 

 

 

 

たくさんある節目をルーティン化してしまうのがコツなんです。

 

 

 

そして、その節目でレベルアップしていけばいいんです。

 

具体例を出しましょう。

 

 

 

 

例えば、あなたは、

「3ヶ月で5キロ痩せる!」という目標を立てたとしましょう。

 

 

 

 

その場合、

 

  • 3日エレベーターを使わなかったら、新曲を一曲ダウンロードできる。
  • 一週間エレベーターを使わなかったら新曲を三曲ダウンロードできる。
  • 5日間断酒できたら土曜日は2杯ビールを飲むことができる。
  • 3キロ走ったら、ビール2杯を飲むことができる。

 

 

といったように、小さな制限を加えつつもレベルアップ形式でルーティン化してしまえばいいんです。

 

 

 

 

僕の場合、TOEIC800点を取るためにこんな節目を作りました。

 

  • 1リスニングを5回したらバスケをしても良い。
  • 単語を100個勉強したらビール一杯飲むことができる。
  • 模試で前回より10点上がったらお昼ご飯をから揚げ弁当にして良い。
  • 問題集の大問で満点が取れるたびに彼女からジュース(スーパーでうってるやっすいやつ。)を奢ってもらえる。(人に頼るのもあり。)

 

 

 

 

 

この生活を3ヶ月続けた結果、見事800を取ることができました。

 

 

 

 

 

目標達成のための節目を可視化させよう!

 

 

 

 

冒頭では紙とペンがあればなおさら良いと言いました。

 

 

 

 

紙とペンを用いることで自分のレベルアップマップを作成することです。

(パソコンでも構いません。)

 

 

 

達成した日とその日したことを書いて自分の成長を可視化させると、

目標達成のためのエネルギーであるモチベーションが増加します。

 

 

 

 

目標を立てた日のあなたはレベル0の勇者。

 

 

 

そこから自分という勇者をスタートさせましょう。

 

 

 

ゲーム開始です。

 

 

 

 

先ほどの例を取ると、

 

  • 新曲を一曲ダウンロードするとレベル1上がる。
  • 新曲を3曲ダウンロードするとレベルが2上がる。
  • ビールを一杯飲むとレベルが3上がる。

 

 

 

50レベル溜まったらちょっと良いレストランで外食できる。なども入れると楽しくなるかもしれません。

 

 

 

 

 

つまり、報酬がレベルアップのための経験値ということになります。

 

 

 

 

このような感じで自分をレベルアップさせ、レベルアップマップを作成していきましょう。

 

 

 

 

 

(僕の場合のレベルアップマップ)

 

 

 

果たしてあなたは一体何レベまでアップするのか。

 

 

 

楽しみですね。

 

 

 

 

 

あとは自分で工夫しながら、レベルアップのための報酬を変えたり、

節目を変えたりしてよりオリジナルにするとさらに楽しくなるかもしれません。

 

 

 

 

よりモチベーションが上がるように!

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

まとめると、

 

 

  • 節目(中間目標)をたくさん作って、自分に達成感を味わわせる。
  • レベルアップマップを作成することで、自分の成長を可視化させる。

 

 

 

この2点を意識するだけで、以前よりも目標達成能力が高くなります。

 

 

 

 

というか、モチベーションと同じくらい大事な継続力がつきます。

 

 

 

 

自分が成長を感じ、自分の成長を見ることでグンっとモチベーションが上がるからです。

 

自分に子供がいたとしたら、自分の子供の成長は親としてうれしいですよね。

 

 

 

ペットもそうです。

自分の口座もそうです。

 

 

お手ができたり、50万溜まってたり。

(お金を貯める人が好きな人はたくさん通帳記入をしに行ったりしますよね。)

 

 

 

 

何度も言いますが、成長を見て、成長を感じることが大事なんです。

 

 

 

 

企業が掲げるような数値目標を設定するだけの目標設定ではモチベーションは続かないんです。

 

「2020年までに売り上げ100億円!」

 

 

まずは目標達成も大事ですが、この目標設定のコツを取り入れることで続ける力を養っていきましょう!

 

 

 

 

 

企業のような目標設定ではなく、自分がものすごく成長を感じるような目標設定を意識して、

どんどん目標を達成していってください!

 

 

 

 

 

そしたら今までよりもちょっとは人生楽しくなるはずです!

 

 

 

 

 

 

一緒に頑張りましょう!

 

 

 

 

 

今日もお疲れ様でした!

 

 

 



-モチベーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした